FXの手動取引のメリットとは

最近では、自動システムでFXの取引を行っている方も多いです。自動売買は、確かに便利です。基本的には取引を代行してもらう事になりますし、忙しい方には便利です。その反面、手動取引の方が良いという声もあります。

自動売買というシステムのメリット

自動売買の場合は、基本的にはロボットに取引を代行してもらうようなイメージになります。ストラテジという売買代行のシステムを選び、取引を行ってもらう事になるのです。
代行してもらえるのは、忙しい方々にとっては助かります。仕事や家事が忙しい方々の場合、なかなか取引の時間も確保できないでしょう。代行してもらえるなら、わざわざ取引画面に触れて手作業で売買する必要もありません。
また自動売買は、かなり優秀な取引をしてくれる事もあります。選ぶストラテジにも左右されますが、かなりパフォーマンスが良いシステムもありますから、取引経験があまりなくても稼げる事もあります。

手数料は比較的低めな手動売買

ただ自動売買にはいくつかデメリットもあって、手数料は若干高めです。スプレッドを確認してみると、それをよく実感できます。手動用のシステムと比べると、若干手数料は高めになるデメリットはあります。
何回も取引するなら、手数料は決して軽視できません。デイトレのような時間軸で取引する時などは、かなり売買頻度も多くなります。それだけに手数料の総額も、若干高めになってしまいます。
しかし手動売買の場合は、そこまで手数料は高くありません。コストを節約したいなら、自動よりは手動がおすすめです。

柔軟な取引が可能な手動売買

また自動売買と違って、手動は臨機応変に取引できるメリットがあります。状況に応じて柔軟に取引したい時には、あえて手動を選んでみると良いでしょう。
自動売買の場合は、あくまでもルールに基づいて自動的に取引する事になります。条件を満たしていなければ、取引する事は一切ありません。それだけに、柔軟に取引するのは難しい事があります。一応は取引をキャンセルする事はできますが、知らない間に損失が発生している事もあるので、注意が必要です。
その点手動売買であれば、臨機応変に取引する事ができます。FXの相場は、たまにイレギュラーな動きが発生する事があります。普段とは全く違う状態で外貨が動く事もあるので、かえって臨機応変に取引できる方が便利な事もあります。ある程度柔軟に取引したいなら、自動よりは手動の方がおすすめです。

未分類

Posted by admin